FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クオーツ式時計は偉い! 

「外観は立派なのに中身はおもちゃみたいですね。」修理依頼のクオーツ時計の内部をお見せするとそう言ってがっかりされるお客様がいらっしゃいます。確かに機械式の時計に比べて、簡素な回路や電池に包まれたクオーツ時計は味気なく見応えがありませんが、機械式時計をはるかに凌ぐ精度(機械式日差10~20秒に対し月差15秒程度)を持ったこの時計は人類の英知が詰まった素晴らしい時計です。今回はクオーツ時計の歴史を少し紹介したいと思います。
出発点になったのは、1927年カナダで発明された水晶時計です。水晶を振動させ電子回路で制御する、この時計は時計の精度を飛躍的に高めた画期的なものでしたが、電子回路を真空管に頼らなければならなかったため部屋ほどの大きさのある時計でした。
電池が時計の動力源として登場し、トランジスタが発明され真空管にとってかわると電子回路は小さくなり時計に組み込めるまでに小型化しました。セイコーが東京オリンピックでタイムを測るために開発した時計は持ち運びできる水晶時計(重さ3キロ)でした。
さらにIC(集積回路)が発明され、トランジスタ数千個分の電子回路が数ミリ角の基板に組み込まれるようになると、セイコーはクオーツ時計の一層の小型化に取り組み、1969年12月世界ではじめてクオーツ腕時計が商品化されました。こうして初めにつくられた時には部屋ほどもあったクオーツ時計はついに腕に乗るものになりました。また、大量生産により、クオーツ時計は高精度を誇るにもかかわらず機械式時計より安価を実現しました。誤差0への追求と大衆への普及という方向へ進んできた時計の歴史はクオーツ時計の開発によってはじめて満足できる精度をもたらし誰もがそれを手軽に持つ時代を作り出したのです!

日本の時計の歴史はセイコーの歴史と言っても過言ではありません。東京の東向島にセイコー時計資料館という時計の博物館があります。セイコーの標本の展示と、日本および海外の時や時計に関する各種の資料を収集、整理、保存しています。訪問には予約が要りますが、時計に関心のある方は是非訪れてほしい場所なのでよろしければ皆さん足を運んでみてください。

次回は、では機械式時計とクオーツ式時計の機構はどう違うのかご紹介したいと思います。
ではでは。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukaidokei.blog25.fc2.com/tb.php/14-63f0ab5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。