FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体内時計の合わせ方 

体内時計をご存じですか?
私達は一日を24時間として生活していますが、人間は光や騒音の届かないところでは、約25時間周期で規則正しく睡眠と覚醒を繰り返すという脳の性質があるそうです。これが体内時計です。つまりこれをそのままにしておくと私達の生活のリズムはどんどんずれ、やがては一日の昼夜が逆転してしまう!ということもあるわけです。
夏休みも近づき、生活が不規則になりがちな時期です。今日は体内時計の合わせ方をご紹介したいと思います。

体内時計を合わせるには朝太陽の光を浴びることが重要です。なぜならこの時計の仕組みは次のようなものだからです。
1.目から入る太陽の強い光を感知すると、朝を認識し体内の温度を上昇させ体を日中の活動に適 した状態にする。
2.そして朝を認識してから14から16時間経つと脳に信号を出し時計ホルモンとも呼ばれるメラトニ ンを分泌させ、このホルモンにより徐々に眠気を感じて1、2時間で睡眠に入る。
3.さらに体内時計が朝を認識してから21から22時間経過すると体温が上昇して朝目覚める準備が始まる。

また、メラトニンは朝太陽の光を浴びると日中は全く作られなくなります。つまり、目覚まし時計で目覚めた状態では眠けが残りますが、そこで朝太陽の光を浴びるとリセットされ体内時計が合い、新たな一日が始まるというわけです。手巻き式の時計のように手は掛かりますが、毎日きちんと体内時計を合わせて充実した一日を過ごしたいですね(^-^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukaidokei.blog25.fc2.com/tb.php/5-c1a0cc77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。